フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« シビラで寛ぐ猫 | トップページ | 落馬も進歩? »

2009年7月 4日 (土)

DUNEとトールキンを交互に

09.6.4.at LOOP-LINEを軸とした一連の創作モードがバーストし、
「16 years later」という形で新たな扉を開けたところで
一段落と思いきや、9月上旬にちと気合のいるお仕事が入り、
それに向けての準備もじわじわと進めつつ、という感じで
このところ滞っていた英語音読書を再開。
これは私にとって楽器や歌の練習曲みたいなもので、
主にJRRトールキン作品を音読しているが、
最近Frank Herbertの「DUNE」を読み始めた。

Dune .

.

.

.

.

.

.

.

言わずと知れたSF傑作映画のひとつである、
デヴィッド・リンチ監督、カイル・マクラクラン主演、
衣装がゴルチェの「DUNE 砂の惑星」の原作を英語で。
ちょっと前にTVシリーズを見て、英語原作に挑戦する
ことを思いつき...映画は何回も見ているし、
トールキンもいっぱい読んだし、大丈夫だろうと思って
読み始めたら、...やっぱ大変。

登場人物の心の中の台詞が多くて、実際の会話との
区別がややこしかったり、それによって話が展開して
いくのでなかなか難しいけど、やはり読み応えがある!
小説でしか楽しめない、映画とは違った魅力にあふれている。
主人公以外の登場人物の描写や掘り下げ方が面白い。
ガーニーをパトリック・スチュワートが演じた理由が
わかったり。でもなかなか進まないのよね...。

で、本来飽きっぽい私なので、1つのチャプターを
読み終えると、トールキン作品に移ったりして、
余計に進まない。まあでも急ぐこともないしね。.

Silmarillion_2 .

.

.

.

.

.

トールキンは今5回目くらいの「SILMARILLION」
(シルマリルの物語)。映画「ロードオブザリング」より
もっとずっと昔の設定で、天地創造から始まる壮大な物語。
なんていうか、聖書や古事記を思い起こさせる。
音楽によってこの世界のヴィジョンが作られた
っていうのが素晴らしく感動的。
最初は神々の話で、そのうちエルフと人間が生まれ、
シルマリルという宝石をめぐって堕落して悪となった神
との間で戦争になり、それによってエルフ、人間、
ドワーフ、そして世界の歴史と運命が複雑に絡み合って
展開していく。神話そのものです。
最後はアラゴルンの先祖のヌメノールの話で終わり、
指輪物語の時代へとつながっていく。

.

Photo .

.

.

.

.

.

さすがに最初は日本語訳の「シルマリルの物語」
(上下巻)を読み、それでも最初のほうは難しかった;

.

Silmarillioncd .

.

.

.

.

.

全文を朗読しているCD。ラジオドラマみたいで
面白い。これを聴きながら読んでいくことで、
内容も英語の響きも、かなり心身に刻み込まれた。
単語の発音だけじゃなく、フレーズや文章全体で
読んだときのイントネーションやリズムが重要
なんだよね。ああ、これが英語教材だったら
もっと楽しく勉強できたのに!と何度思ったことか。

.

.

.

« シビラで寛ぐ猫 | トップページ | 落馬も進歩? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/30406967

この記事へのトラックバック一覧です: DUNEとトールキンを交互に:

« シビラで寛ぐ猫 | トップページ | 落馬も進歩? »