フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

古傷

水曜日に10年以上の付き合いの友達2人が
ナザベルに会いに来てくれることになり、
乗馬クラブに集合。

友達は2人とも久しぶりだった(数年..)けど
ぜんぜん変わってなくて、なんか嬉しかったな。

ちょうどその日からナザベルに乗れることになり、
約1ヶ月ぶりだったのでちょっと緊張したけど、
走り出したら「ああ、これだよ!」って感覚が戻り
もう嬉しくて気持ち良くて、やっぱナザベルいいわ~

ナザベルもやたら真面目にちゃんと走ってくれて
下馬後のお手入れのときもご機嫌で
いつもよりかなりお行儀が良かった。
ちゃんとわかってるのね。

どうやら爪と足のほうは大丈夫みたいだな。

しかし今度は私が腰が痛くて...

どうもここ10日くらい腰が変で
怪しいなと思ってたらこの湿気のせいか
本格的に痛くなってきた。

うー せっかくナザベルが元気になったのにぃ。

しかし 6.4.at LOOP-LINE もあるし
無理しないでちょっとおとなしくしてようっと。

どうせ梅雨みたいな天気だしね。

2009年5月30日 (土)

響きに従う

6.4.at LOOP-LINE のときに実際にLIVEで読む詩をまとめて、
effectの種類を決めたりの作業をする。
尾島氏にあらかじめ私の声を送っておいて
それを加工してLIVEで使ってもらうため、
いくつかの詩をサラリとただ読んだだけのサンプルを
音ファイルにしてyouSENDitで送る。
加工しやすいように、コンプレッサーで多少
ハッキリさせただけで、何もeffectをかけず
まるっきりプレーンな状態にした。

ただ詩を朗読しているだけなのだが、
これが意外に気持ち良くて、詩の言葉のリズムや
声のトーン、抑揚などがうまい具合にできたのだ。
尾島氏にも好評で、「楽しみにしていてください」
となんだか手ごたえが妙によろしい。

さすがにずっとJRRトールキンを朗読してきた
効果が現れてきたのでしょう。自然になってきた。
アタマで考えてやるだけではダメなのだ。
響きに従わないと。

そして最近の歌ものを集めた「Ring of Life」に
さっそく新しいアイディアが浮かんで、
ピアノのインスト曲に、この詩の朗読の一部を重ねて
細かい調整をしたら、すごく良くなった。
ピアノだけでもアンビエントな感じでよいのだが、
詩が入ることによって聴きやすくなったというか、
世界観が具体化してイメージが鮮明になったというか。

さらに声だけの曲「The Dragon Song」を追加し、
曲と曲の間に詩の一部を少しだけ挿入したり、と
これはまだまだ改良の余地ありだな。

それにしても、こういう作業をしていると
あっという間に時間が経ってしまうものだ。

こうしてみるといつの間にか詩がたくさんできていた。

2009年5月29日 (金)

シビラ・ワンピースの変遷その1

01 ■01年頃フラワーモチーフ全面刺繍
2000-01年頃。当時はまだロング主流で、
着丈110cmでも短めのほう。
全体が白基調の3色で刺繍されていて
モチーフの美しさと豪華さが魅力。
似た感じのシリーズがいくつかありますが、
スクエアネックで全体にややタイトな
シルエットはこちらだけで、私はこれが一番好き。

Photo 021121_026

■上品な赤いワンピー
02-3年頃の高級ライン。
なんといってもこの高級感あふれる素材と
発色の美しい、しかも上品な赤に一目惚れ。
見る角度によって少し色味が変化し、
艶消し光沢のような効果がある不思議な生地。
襟付きでフレンチ袖が小粋さを、
そしてデコルテからウエストにかけて
シビラならではの立体裁断が
繊細で絶妙なシルエットを作り出し、
洗練された大人のおしゃれ感をたっぷり演出。
着用すると本当に素敵です。

Photo_2

■5分袖シャンタンワンピ
05年頃。
こちらは結婚式やパーティーなどのシリーズで
ウエストリボンのタイプが定番ですが、
私はリボンがどうしても苦手なので、
こちらを見つけたときは飛びつきました。
このボルドーカラーは素材とあいまって
私のツボにはまったお色です。
しっかりした素材でシワなども気にならず
ほぼオールシーズンOKです

2009年5月28日 (木)

おきゅうと効果

021121_006

4年くらい前にこちらへ引越してきて
近所のスーパーやデパート食料品売り場で
はじめて「おきゅうと」なるものに遭遇。

以前、旦那さんのお母さんが作ってくれた
「えご」っていうやつに似ていたので
試しに買ってその要領で食べてみたら、
これがスゴイのだ。翌朝のおトイレが。
なかなかひっこまなかったぽんぽんお腹が
あら不思議!スッキリ退散。

寒天と同じく天草が原料だけど、
もっと海草っぽいていうか。
さしみこんにゃくのように薄切りにして、
酢醤油やしょうが醤油、マヨネーズなど、
また細切りにして、ところてん風に
黒酢と黒砂糖少しとであえて、
みょうがを添えて食べてみたら、
ほんとにところてんみたいだった。
ところてんよりもう少し味わい深い感じ。
人によっては美味しいとは思わないかもしれないが
私は寒天やところてんより好きだなあ。

前に旦那さんが仕事で島根に行ったときに
「えご草みたいなの売ってたから買ってみた」
とおみやげでくれたのが「いぎす」だったっけな。
それを煮詰めてから寒天を作る要領で冷やしてみたら
ちょっと密度濃かったけど、うまくできた。

一昨年までまるひろでも売ってたんだけど
去年から見なくなってしまった。悲しい。
入間ペペB1でしか入手できない。しかも
この季節にしか食べられない旬の味だし、
しばらくはおきゅうと効果にあやかろうっと。

今度はもずくとかじゅんさいとか混ぜてみよう。

2009年5月21日 (木)

1drinkマスク付き

6.4.at LOOP-LINEのリハをうちでやる。

尾島氏もやって来ることだし、機材セッティングをやり直したり、

ちょっとした大掃除になった。

ケーブルとか電源コードとか、どーしてもとっ散らかってホコリたまるんだよね。

たまにこういう機会があるとスッキリきれいになって気持ち良いわ。

人が来ないとやらんのよね。

尾島氏はlaptopとコンパクト携帯型ターンテーブルみたいなやつとか

そのような謎のカッコいい機材でシンプルにまとめ、

旦那さんは笙のほかに、アナログシンセ(pulse)を尾島氏の音とごっちゃにならないように

ギターアンプからoutすることに。これまたカッコいいんでない?

私はlaptopと声を手動でeffect変化させることにした。

だいたい構成も決まり、いい感じで進んだのだが

やはり話題はインフルエンザに。

尾島氏は早々に数種類のマスクを大量に買い込んだそうで、

「1drinkマスク付きにしようよ。うちから持ってくるから。」

と会場入り口で無料配布することを提案。

まじでそうしようかな。

あ、そしたら1drinkはchargeと別なので、

charge2200円で1マスク付き+1drink

ということになるな。

いいかも。

一応、現段階では、やる予定です。

2009年6月4日(木)
石川高+宝達奈巳+尾島由郎
19:30開場 / 20:00開演
■料金2200円+1drink500円
■ LOOP-LINE
JR・千駄ヶ谷駅、都営大江戸線・国立競技場駅より徒歩5分
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
TEL:03-5411-1312
http://www.loop-line.jp
info@loop-line.jp

石川高(笙,analog synth)、宝達奈巳(voice, electronics)、
尾島由郎(laptop)によるコラボレーション。
10年の歳月を経て結晶化した、究極の音響スペクタクル

石川 高 (笙、analog synthesizer)
今回は笙の他に、Waldorf Pulseを演奏する。

尾島由郎 (laptop) http://yoshioojima.com/
スパイラル(ワコールアートセンター )やリビングデザインセンターOZON、
東京オペラシティ ガレリアを始めとする各種集客施設の環境音楽を制作し、
サウンドデザインやサウンドシステムの開発にも関わる。

2009年5月17日 (日)

ツチネコ

チェルシーはもうすぐ2歳。

一昨年うちに来た頃は親戚の叔母さんに拾われてすぐだったので

こんなに小さくて痩せっぽちだったのに 0813_002 0821_010b

大きくなったねえ。

C

080222_2328

とはいえわりと小型なほうだと思うし、体重も4kgないんだけど、どうもこの毛質のせいでおデブな感じに見えちゃうんだよな。

021121_001_2

これってなんかツチノコっぽい...

ツチネコ?

なんか顔の形まで変わってしまったような。

最初はこんなシャープだったのに 0816_002 0906_001

今はこんな A

小さい頃からよく仰向けに寝てたけど、お腹の変化が著しい。 0821_014

これが

こうなる 080505_007

もちろん太らないように餌の量も決めてるし

サイエンスダイエットのヘアボールコントロールライトなんだけどな。

体重は標準よりむしろ少ないほうなのに。

やっぱ毛質のせいかしら。 D Chelsea

2009年5月16日 (土)

ナザベルときんちゃん

021121_009 GW後半からナザベルの右後ろ足の具合がおかしくなり、 最初は股関節を寝違えたんでしょうなどと言ってたんだけど、 そのうち飛節から下がちょっと腫れたりして、結局原因は 爪(蹄の先っちょ)を痛めていたということが判明。 しばらく休養となってしまった。 しかも春先からの気温変動の激しさか、どうもお腹の調子が悪い。 3月に一度ちょっとヤバかった疝痛があったが、その前後、 最近もちょくちょく軽く疝痛になりかけていて、 元気ないわけじゃないんだけど、ちょっと心配だよ。

で、このたびクラブのお馬さんたち一斉に歯の調整をすることになり、 ナザベルもきれいにしてもらって\\\、ついでといってはなんですが 馬の歯医者さんとはいえ獣医さんなので、疝痛の件を相談したところ、 胃腸薬を1ヶ月試してみましょうということになった\\ それで改善されればその後も数ヶ月続けてみるということで\ もう、早く良くなって!!! というわけでここ3回は代馬のきんちゃん(キンシュウ)で乗馬。 きんちゃんもとても良い子で乗りやすいしいいんだけど、 ますますナザベルの素晴らしさがわかってしまった。 E A

ナザベルのほうが背は低いし足短いんだけど、 なんか大きく見えるでしょ。 しかも、きんちゃんのほうが腹帯が長いので太いはずだけど ナザベルにまたがったときのほうが太く感じて実際に鐙の 長さも長くするので、ナザベルのほうがお腹が太いというか 幅があるはずなのに、見た目はナザベルのほうがスラッとしてる。 070126_019 021121_014

きんちゃんのほうが重そうだけど、実際は逆で ナザベルのほうが動かすのは大変。全身を使う。 だから最近調子の悪かったナザベルに乗ってる時間より きんちゃんに乗ってる時間のほうが倍くらい長いのに、 あんまし疲れないんだよね。 もちろん、きんちゃんも反動はないし柔らかいし とても乗り心地は良いのだけど、なんていうか ナザベルはエンジンがもっとでかいというか、 動きがダイナミックで深い。

普通に軽速足とか駈足とかするのは きんちゃんのほうが楽ちんだけど、 輪乗りとか図形運動みたいな細かい動きは ナザベルのほうがやりやすいし一体感がある。

ナザベルは、扱いが難しいプロ向きの専門仕様で きんちゃんは、一般の人からプロまで使える普及版 って感じ。 車とかバイクとか詳しくないけど、 好きな人ってしょっちゅうあれこれいじって調整して 実用性とか利便性とかではないところを楽しんでいるわけで、 それがなんかわかったような気がしますな。 誰でも手軽に簡単に乗れるAT車じゃつまらんわけで、 エンジンとかパーツとかトータルデザインとか おなじ機種でも個体差があってカスタマイズして ジャストなところに調整してそれが決まると もうコレじゃないとダメ!ってなるんだよな。

あーーーナザベル!!! 親が子供に願うように 怪我も病気もしないで元気なのが一番だし それ以上求めないからーーー!!!

2009年5月15日 (金)

スター・トレック試写会当たった!

5月29日から公開の映画「スター・トレック」の試写会が当たった!!!

と、テンションが一瞬上がったけど、日にちをよく見たら
19日で、行けないじゃんよ。

まあ無理すれば行けないこともないけど、
やっぱテンション低めなのでやめとこ。
映画自体は歩いて行けるユナイテッドシネマで観れるし。

前作のネメシスはファンからも大バッシングだったよなー
今回のは期待高まるなー。予告編かなりいい感じだったし。

トランスフォーマー2、ターミネーター4と期待作が続くな~
エイリアン5は作らないのかしら。

2009年5月14日 (木)

2009.6.4 at LOOP-LINE

ずっと前から声だけの曲を作りたかった。

声だけといってもいわゆるスキャットとか
ヴォイスパフォーマンスのような
声を楽器のように操るっていうのではなく。
(そういうのはもうさんざんやったし)
それだけだと普遍性において説得力に欠けるというか。
歌でも語りでもないとか言葉以前の声の力とかいうよりは、
むしろそういう考え方自体を超越していて、
自然界に秘められた美と調和の黄金率が感じられるもの。

以前は共鳴が目的であったのだけど、
もはやそれは手段のひとつになり、
目的は調和なのだ。今の私には。

調和と言うと何かただきれいで整っているもの
みたいな印象かもしれないが、自然界や宇宙には
実に様々な調和のバリエーションがあって、
すべてが独創的で普遍的で神秘的だ。
優れた芸術作品が皆そうであるように。

言葉には魔力がある。
人類にとって昔は火が魔法であったように。
火に始まる人類が獲得してきた様々な発見・発明と同じく、
それは扱いを間違えると非常に危険なものにもなる。
たとえ意味がわからなくても、言葉の響きで何かが伝わる。
言葉には人の心を良くも悪くも操る力があるのだ。

従ってそういったものを扱うときには真剣に接する必要がある。
神聖なものは皆そうだ。火を扱うときなどはまさにそうだ。
ろうそくの炎の中心をじっと見つめると目がくらみ見えなくなってしまうし
火に近づきすぎれば火傷するし、扱いを間違えると火事を起こす。

だからちゃんと意味のある言葉とその言葉本来の響きが導く
メロディー、リズム、ハーモニーによる
曲の展開と詩あるいは物語の内容が調和している
そんなヴィジョンは明確にあったのだが、
それがやっとついに、しかしあっけなく突然出来た。

「出来た」という言葉は非常に意味が深く、
まさに「出て」「来る」ものなのだ。
名作が出来るときは、何かにとり憑かれたようになって
細かいところの記憶がほとんどない。
出来てから、「よくこんなふうに作れたなあ」と思う。

6月4日にやる曲をいろいろ考えていて、
どうもいまひとつ自分のノリが悪かったのだが、
LIVEということで構えすぎというか、
いろいろと制限しすぎていたのに気づいた。

「そうだ、声だけのやつをやろう。別に全部生演奏じゃなくたっていいんだ。
オケを使って歌うのと同じように、自分の声が重なってたっていいわけだし。
自由に発想していいんだよね。」と一挙に解放されたのだった。

そして、そのヴィジョンと、ずっと頭の中で鳴っていたハーモニーと、
ちょうど最近作っていた詩が、見事にひとつになった。

よくよく思い起こせば、何もしないでいて急に出来たわけじゃない。
実はずっと準備していたのだとも言える。
花は急に咲くように見えるけど、ずっと前からその準備をしている。
セミは幼虫のまま7年も地中で過ごし、ようやく地上に出てきたと思ったら
一週間で死んでしまう。
しかし、生命の輝く瞬間は永遠なのだ。

自主公演は2002年の近江楽堂「かくれた次元」以来だと思うので、
それこそ7年ぶりになる。
無理はしない。我慢もしない。でも努力はする。
それを努力とは思ってないけど。それは情熱だからね。

2009年6月4日(木)
石川高+宝達奈巳+尾島由郎
19:30開場 / 20:00開演
■料金2200円+1drink500円
■ LOOP-LINE
JR・千駄ヶ谷駅、都営大江戸線・国立競技場駅より徒歩5分
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
TEL:03-5411-1312
http://www.loop-line.jp
info@loop-line.jp

石川高(笙,analog synth)、宝達奈巳(voice, electronics)、
尾島由郎(laptop)によるコラボレーション。
10年の歳月を経て結晶化した、究極の音響スペクタクル

石川 高 (笙、analog synthesizer)
今回は笙の他に、Waldorf Pulseを演奏する。

尾島由郎 (laptop) http://yoshioojima.com/
スパイラル(ワコールアートセンター )やリビングデザインセンターOZON、
東京オペラシティ ガレリアを始めとする各種集客施設の環境音楽を制作し、
サウンドデザインやサウンドシステムの開発にも関わる。

トップページ | 2009年6月 »